忍者ブログ
シフラ,超絶技巧練習曲,ピアノ,ロマン派のエチュード,かっこいい曲,PC便利系,音楽系,動画系,youtube,blog系など
Blog Infomation





Today / Yesterday
/



 フィードメーター - The J.Mazeppa


 
Monthly
Recent Comment
2019/12/06 (Fri) 12:19 / /
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2005/12/24 (Sat) 18:21 / /
きょうはHMVがWPOINTだったのでCDを買った…左から順に、

 ■ガヴリーロフ演奏:ショパン作曲:ソナタ2番&バラード全曲:EMI
 ■アルゲリッチ演奏:ショパン、リスト、プロコ、…:DG
 ■アルゲリッチ演奏:ソナタ2、3番&スケ2&アンダン…:DG

まあ最初のガヴリーロフは先月11月23日発売のものだが、録音は84〜85年…かつてジョーがいっていたDGとの音源の関係が気になる…バラードに期待して買ったのだが、ソナタ2番の3楽章と4楽章がつながっていて9:49だった…これじゃどうなのかわからん…
そこで音量をMAXにして聴いてみたら8:43から4楽章が始まっていて、音が途切れているのが9:46…演奏時間1:03!?速い!某聴き比べのページでも最速はポレゴシチの1:11とあったのに…バラードはあまりえらそうな事はいえないが、おれと波長があわなかったみたいで、もう少し聴いてみないとなんともいえない…エチュードやイスラメイのように期待していた演奏とはちょっと違う感じ…曲調が違うからあたりまえなんだが…

次のアルゲリッチはスケ3、2つのラプソディー、プロコトッカータ、水の戯れ、舟歌、ハンガリー狂詩曲6、リストソナタからなるもの…プロコ目当てで買ったが、過去の演奏会の記憶があいまいでよく聴かないとよくわからない…演奏会の雰囲気に飲まれて興奮していたのかも…ラプソディーの音源が入ったのはうれしい…
例のページでもトッカータはハンガリーの6番とともに評価は最高だったが、あの人はシフラ的なものが嫌いらしいから演奏時間以外は過度に参考にしないようにしている…これもよく聴いてみたい…

最後のアルゲリッチソナタ2、3は、2と3の録音年代が7年違うという代物…買った目的は若いときの方の3番…終楽章は最速で、特に最後の高音から降りてくるところが特にすごかった…ちなみに、例のページでの評価は低いが、おれはこういう勢いに任せたような演奏もたいてい受容、むしろ推薦することも多い…他の盤とよく聴き比べてみたい…

拍手[0回]

PR

2005/12/20 (Tue) 00:54 / /
とりあえず色んな作曲家のピアノを聴いてみるためにベストピアノの4枚目を流していた…第1曲目は革命…シフラ以外でもとばさずにきいてみるか…
革命の冒頭の右手最高音

ブーニン革命「シ♪〜♭ラ〜ソレ♪〜♭ラ〜ソソ♪〜」

J.M「!?」

思わずCDを停止…空耳か?もう一度再生…

ブーニン革命「シ♪〜♭ラ〜ソレ♪〜♭ラ〜ソ♪〜」

J.M「???」

楽譜をみる…いや待て、楽譜はたぶん正しいはずだ…もう一度再生…

ブーニン革命「シ♪〜♭ラ〜ソレ♪〜♭ラ〜ソ♪〜」

J.M「…」

一応、ピアノのデモ曲を聴いてみた…

やっぱり「♭ラ〜ソファ♪〜」が正しい(「♭ラ〜ソ♪〜」は2周目)…でもブーニンは違う…これがウワサの「ブーニン節」か!?こんな冒頭でいきなりかましたらミスタッチと間違われそうだ が…おれでもやらない(笑)
※…いつかはぴよって2週目に「♭ラ〜ソ♂@▽」となってしまった…

拍手[0回]


2005/12/19 (Mon) 22:49 / /

argerich1Chopin: Piano Works: Martha Argerich The LEGENDARY 1965 RECORDING [FROM US] [IMPORT]
Fryderyk Chopin CD (1999/05/18) EMI
おすすめ度:★★★★★

レビュー

Amazon.co.jp
レコード会社の利害関係が、アルゼンチンのピアニスト、マルタ・アルゲリッチのこの畏怖すべきレコーディングが発売されるのを34年間も妨げてきた。この激しい気性の女性音楽家はショパンのもっとも愛好されているピアノ曲のパワフルな作品集を世に送り出したが、それは現在でもなお魅惑的な響きを聴かせてくれる。激しく、そして華麗だ。(Jason Verlinde, Amazon.com)

内容(「CDジャーナル」データベースより)
アルゲリッチがショパン・コンクール優勝直後に録音しながら,契約の関係で今回ようやく世に出た演奏。当時24歳の彼女の力強いタッチと凄まじい前進エネルギーに改めて驚かされる。音楽的には,鋭い閃きと豊かな感性で自在に歌いあげる場面が印象深い。★


レビューをすべて見る...

鮮烈な演奏!★★★★★

彼女のピアノを聴くと、ラテン的なパーカッシブな響きとアルゼンチン出身者らしく情熱的であり都会的な夜の響きを感じる。そこが通常のクラッシックのピアニストと決定的に違うところだと思う。彼女が24歳だった時のこの演奏を聴いても、ラテンの血が彼女の演奏に強く流れているのを感じる。衝動的であり、情熱的、そしてこの演奏には若くフレッシュな響きも感じ、それがこの作品に少なからず意味を与えている。激しい生命力が脈打つ決定的な名演!

ファンにとってはうれしい限り★★★★★

〜曲目は1967年録音DG盤の≪幻想ポロネーズ≫がなくて、その代わりに≪ノクターン4番≫≪スケルツオ3番≫が加わっている。演奏は67年盤よりワイルドでエキサイティング。このCDと67年盤と比して、どちらがいいかは好みの問題だろうが、ワイルドな演奏が聴きたいなら、この65年盤をおすすめする。

〜〜
それにしても、当時この録音が発売されてたら、さぞかしセンセーショナルだっただろう。現在、その封印が解かれ本CDの発売に至ったのは納得がいく。アルゲリッチのファンにとってはうれしい限り。録音は、まあまあ。〜

歴史的名作!★★★★★

これほどの完成度を誇った作品が契約上の問題で、今まで世に出なかったのが非常に残念に思う。

当時のファンはとても残念に思ったのではないだろうか?
一番無念だったのは、レコーディングに携わったスタッフではなかろうか?
演奏はすさまじくダイナミック。コンクール時よりもさらに彼女の持ち味が強く光る。

情熱な演奏が、ピアノを伝わって伝染してしまう。
なぜか体を動かさずにはいられなくなってしまう。

特に英雄ポロネーズは彼女の演奏の中でも一番好きな演奏だ。

若さの中に隠された才能を強く感じる。

若き日のアルゲリッチ★★★★★

若き日のアルゲリッチの演奏は、完成された技術は言うまでもなく、若き日のアルゲリッチの情熱が聴いている者を熱くさせる…。ファンならずとも、この名盤を聴き逃しては損、と思えるほどお勧めの一枚。


実際どうなんだろう?(っと持ってる人の感想を聞いてみたり…)残念ながら彼女の録音はベストピアノ100以外持っていない…

拍手[0回]


2005/12/01 (Thu) 22:52 / /
先日、アマゾンに頼んでいたのと同じCD音源を得た…で、その注文を1つキャンセルしたら合計が1000円を割った…
※アマゾンは1500円を割ると送料300円が発生する
だから500〜1000円くらいで買えるお勧めのものを教えてほしい!CDじゃなくてもいいからなんかないか!?ヘルプ!

拍手[0回]


2005/11/26 (Sat) 17:02 / /
1490円でHMVにあった…わざわざHMVオンラインで1500円くらいで買ったのに…

拍手[0回]



[5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
△▲最上部へ戻る▲△ △▲プラグインへ▲△