忍者ブログ
シフラ,超絶技巧練習曲,ピアノ,ロマン派のエチュード,かっこいい曲,PC便利系,音楽系,動画系,youtube,blog系など
Blog Infomation





Today / Yesterday
/



 フィードメーター - The J.Mazeppa


 
Monthly
Recent Comment
2019/11/15 (Fri) 08:59 / /
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2006/03/19 (Sun) 23:53 / /
HMVより060317
とりあえず小人の踊り試聴(オグドン)

拍手[0回]

PR

+今,その伝説を語ろう…
2006/03/11 (Sat) 17:20 / /
CDをいろいろ調べていくうちに知ったのだが、このツィメルマンのショパン、バラードのCDは人気が抜群だ…ただ、おれにはよくわからなかったが…まあおれは一般大衆の感性を持っているとは限らないし、シフラはバラード12は弾いてないし(←オイ)

だが、音がきれいで、雰囲気作りもよく、悪くないCDであることくらいはおれにもわかる…たいして、CDを持っていないが、4番目くらいに好みが合うかもしれない…

ここからはバラード1番に限定した話…一昔前までは、キーシンが最も気に入っていた…コーダが最も気に入っているからである…決定盤には至らなかったが…

今更だが、おれが選ぶ基準はあくまでもおれの好み、スピード、加速、盛り上がり、強打、などかなりお気に入りの曲を除いては雰囲気作りとかは無視した傾向で序列がつけられる(笑)

で、ツィメルマンも悪くはないとは先ほど述べたが、最近はフランソワだ…8分越えると耳を背けるおれだが、音はなんかちょっとずれてる気がしないでもないが(年代のせいか?)中盤の盛り上がりというか、コーダ以前にサビを持ってきているというか、そういう演奏が好みである…決定盤とはいえないが、いまんとこ近い…他、ミケランジェリやポリーニ(EMIとDG)、カツァリス、横山幸雄などを持っているが、まあよく聴いてみたい…一応は聴いたけどね…

話を戻そう…話題がツィメルマンから大幅にそれていたのだが、いいたかったのは、この2枚の写真が同一人物であるということ…うーむ…
 バラードのツィメルマン 若い!?ツィメルマン

拍手[0回]


2006/02/01 (Wed) 14:41 / /

キーシン即興曲なんと2月の軍隊行進曲とは別に、3月22日にキーシンがCDを発売するみたいだ…ショパンリサイタル!
※おい!またショパンかよと思っただろそこのやつ!

まあ、以下、恒例の説明…


来日記念盤・日本先行発売!

幻想即興曲&英雄ポロネーズ 〜キーシン/ショパン・リサイタル

21世紀の巨匠への王道を歩み続け、名実ともにトップ・ピアニストとしての評価と人気を誇るキーシンの最新ディスク!ファン待望、名曲満載、6年ぶりのオール・ショパン・アルバム!!
 21世紀を担うコンサート・ピアニストの若き巨匠としての位置をゆるぎないものにしているエフゲニー・キーシンの、RCA Red Seal への19枚目となる最新録音は、超人気・名曲「幻想即興曲」を含む即興曲全曲、「英雄ポロネーズ」を含むポロネーズ4曲とスケルツォ第3番(来日公演曲)からなる6年ぶりのオール・ショパン・アルバム!
 キーシンは14歳での日本デビュー(西側デビュー)から積極的にショパンを演奏してきたが、BMGクラシックスとの契約後、1993年にカーネギー・ホールで行われた「ショパン・リサイタル」のライヴCDを皮切りに、1998年、1999年にスタジオ録音のショパン・アルバムをリリース、6年ぶりのショパン録音、しかも待望の名曲揃いのディスク!!しかも、「英雄ポロネーズ」は1999年以来2度目のスタジオ録音。録音にはきわめて真摯に取り組んでいるキーシンが再録音するのは珍しく、この「英雄ポロネーズ」はキーシンのたっての希望で再録音されたもの。
 海外では10月発売予定で、4月の日本ツアーに合わせての大幅先行リリースとなります。
中略

フレデリック・ショパン(1810-1849)
1.ポロネーズ第1番嬰ハ短調Op.26-1
2.ポロネーズ第2番変ホ短調Op.26-2
3.即興曲第1番変イ長調Op.29
4.即興曲第2番嬰へ長調Op.36
5.即興曲第3番変ト長調Op.51
6.即興曲第4番嬰ハ短調Op.66「幻想即興曲」
7.スケルツォ第3番嬰ハ短調Op.39
8.ポロネーズ第4番ハ短調Op.40-2
9.ポロネーズ第6番変イ長調Op.53「英雄ポロネーズ」

エフゲニー・キーシン(ピアノ)
録音:2004年8月、フライブルク、SWR南西ドイツ放送スタジオ(ドイツ)
96kHz/24-bitレコーディング

しかも、「英雄ポロネーズ」は1999年以来2度目のスタジオ録音。録音にはきわめて真摯に取り組んでいるキーシンが再録音するのは珍しく、この「英雄ポロネーズ」はキーシンのたっての希望で再録音されたもの。

そう、再録音はないんですよ、スケルツォはこれで1番以外を弾いたことになる…たぶん…個人的には彼のマゼッパには相当の期待をしているがでてこないかなあ…なんて…アマゾンのカートに放り込みました…

拍手[0回]


2006/01/27 (Fri) 23:52 / /
どうやらHMVオンラインでセールをやっている…

スペシャルオファー : クラシック輸入盤CD3点まとめて買うと20%オフ

以前注文していたオグドンとマゼッパCDをキャンセルし、以前検討していたCD↓を追加…

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


他、気になったもの…ショパン ソナタ3 ポミエ

最高!

"技術も演奏も超A級。リラックスしつつ偏執狂的に細部を描きこむ超絶技巧変態ピアニスト。ベートーヴェンの後期ソナタではその性質を生かして、唖然とする前人未踏の超絶演奏を聴かせてくれたが、今回はショパン。細部をつつきまくり、ばったばったとショパンの音楽を解剖していく。おかげでの音の惨殺死体が部屋中に転げまくるような衝撃的CDになっている。基本に忠実で冷静で完璧な外見を持つ見事な猟奇的演奏!!唖然。ポゴレリチがイメージとすればポミエはまさに実体。相変わらず変なアクセントがサブリミナルのように効いてくる。大好き!"
愛媛県 2005年04月16日


気になる…疑わしいところもあるが…

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

こうすることで、マゼッパ708+オグドン1954+送料無料+ローソン支払い126=2788円であった注文が、マゼッパ629+オグドン1860+ソナタ622+送料無料+ローソン支払い126=3247円に…

ところで、ブラウザでポップアップ広告を抑止している設定にしているとHMVで商品をキャンセルすることができない…「本当にキャンセルしますか?」というウィンドウがでなくなってしまうのだ…これははめられた…

拍手[0回]


2006/01/16 (Mon) 19:37 / /
CDを探している…HMVで546円以上…
まあ早い話が、送料無料になりたいだけ…

ところで、chopinやlisztとか入力して、価格順に並べ替えてみよう…衝撃の事実が!


エチュードやソナタとかごっさごさ!?ただ、10−4や25−11などでは苦しさが伝わってくる…
この490円では、amazonでは在庫切れやマーケットプレイスしかないが、HMVでは注文できる…

で、このページを発見したわけで…マゼッパ+メフィスト+スペイン+ソナタ+灰色の雲が入ってなんとこの価格!試聴した感じではまあよくわからなかったが…(まあ没だろう)

他、気になったもの…ショパン ソナタ3 ポミエ

最高!

"技術も演奏も超A級。リラックスしつつ偏執狂的に細部を描きこむ超絶技巧変態ピアニスト。ベートーヴェンの後期ソナタではその性質を生かして、唖然とする前人未踏の超絶演奏を聴かせてくれたが、今回はショパン。細部をつつきまくり、ばったばったとショパンの音楽を解剖していく。おかげでの音の惨殺死体が部屋中に転げまくるような衝撃的CDになっている。基本に忠実で冷静で完璧な外見を持つ見事な猟奇的演奏!!唖然。ポゴレリチがイメージとすればポミエはまさに実体。相変わらず変なアクセントがサブリミナルのように効いてくる。大好き!"
愛媛県 2005年04月16日


気になる…疑わしいところもあるが…

拍手[0回]



[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
△▲最上部へ戻る▲△ △▲プラグインへ▲△