忍者ブログ
シフラ,超絶技巧練習曲,ピアノ,ロマン派のエチュード,かっこいい曲,PC便利系,音楽系,動画系,youtube,blog系など
Blog Infomation





Today / Yesterday
/



 フィードメーター - The J.Mazeppa


 
Monthly
Recent Comment
Infomation
Circle Chat
Access Rank
KeyWord Rank
Weather & \\ vs $

-天気予報コム-

購入時2005/11は106.1
2020/01/19 (Sun) 00:10 / /
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2006/12/03 (Sun) 23:55 / /
普段なら訳あって出席しないのだが,気になる議題があるので出席した…

あまり体調がよくなかったが,アンケートも激しく書いてった…

ところで,最近日記の内容が乏しいので,akikoの意見で新しいコーナーを始めることにした…

【→今日のアロマブレンド】
からヒントを得て

きょうの超絶
きょうの1曲

という追記文を作成することにした…(全12回+)

では早速…

今の季節にぴったりの一曲…

拍手[0回]




シフラ超絶
リスト作曲 超絶技巧練習曲S.139 より 第12曲 「雪嵐」(シフラ演奏)


いきなり「きょうの超絶」になってしまいました(確信犯)
Transcendental etude , Etude d'execution transcendante と題されたこの曲集,この最終曲です!


かの有名なのだめカンタービレでもとりあげられているリストを代表する練習曲です…
トレモロの練習曲というよりは,跳躍の練習曲とでも言った方がいいのではないか?
幻想的な出だしが吹雪を連想させます…

楽譜では,2ページくらいから盛り上げって吹雪が激しくなる様を連想させて,
たいていのピアニストはそれに従いだんだん音量を出すことで盛り上げていきます…

シフラの場合はアクセルがかかってくるのが少々早く,得意の跳躍を駆使して鋭さのある演奏を展開していきます…

雪嵐遭難箇所


上の楽譜のffの部分では,両手の音をずらした独自の演奏をしています!(爆発的)

曲はその後はいったん静かになり,この後半音階を経過してさびに入ってくるのですが,ここが極み!

人間業とは思えないような超絶スピードで半音階をグリッサンド並みの速さで弾いています!
またこの次の半音階の部分でも弾き出しの迫力がほかのピアニストとは明らかに違います!


こんな調子で異次元の演奏が展開されていきますが,シフラの場合さらに曲の最後の部分に特徴があります…

それは聴いてみてのお楽しみということで…

とにかく雪嵐を聴くならシフラははずせない存在だと思います(20世紀の偉大なる〜にもとりあげられている1曲)

長くなりましたが以上です!
PR



無題
>>普段なら訳あって出席しないのだが

特に用がないなら、訳があってもできるだけ出席しようぜ。

今日は疲れてたみたいだね。

まりもちゃん 2006/12/04(Mon)00:08 #EDIT
無題
出席しないには訳があるから出席しないんだよ(笑)


欠席=完全に委任って言う選択
J.M 2006/12/04(Mon)01:41 #EDIT
無題
代数学で、
transcendental degree
という概念があるよ。

残念ながら、「超絶次数」とは訳されてないけど。
H 2006/12/04(Mon)09:10 #EDIT
無題
超越次数っていう「体論」の概念みたいですね…

よくわかりませんが…
J.M 2006/12/04(Mon)16:00 #EDIT
無題
まー、代数やってる人以外は、分かんなくても全然差し支えないんじゃない?
H 2006/12/04(Mon)20:40 #EDIT
無題
ぬとかは知ってるんですかね?
J.M 2006/12/05(Tue)10:22 #EDIT
▼Comment
   NAME:  TITLE:  COLOR:
   PASS:   URL:  EMAIL:
 COMMENT!: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
     
△▲最上部へ戻る▲△ △▲プラグインへ▲△