忍者ブログ
シフラ,超絶技巧練習曲,ピアノ,ロマン派のエチュード,かっこいい曲,PC便利系,音楽系,動画系,youtube,blog系など
Blog Infomation





Today / Yesterday
/



 フィードメーター - The J.Mazeppa


 
Monthly
Recent Comment
Infomation
Circle Chat
Access Rank
KeyWord Rank
Weather & \\ vs $

-天気予報コム-

購入時2005/11は106.1
2019/12/06 (Fri) 17:09 / /
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2007/11/10 (Sat) 23:26 / /
正直な話、
今までシフラの超絶11番には魅力を感じず、あまり聴いていなかった…
サビの跳躍スピードが遅いからだ…


しかしその過ちに先ほど気づかされた…



シフラはこの曲に関しては技巧をある程度までおさえ雰囲気で勝負している…
前半は特にシフラ節も発揮されることなく(たぶん)シフラ的に普通に進む…
シフラの演奏の目玉は以下の主旋律を含む中盤の1ページ部分である…



#ソ~ソ~ソ~シ~♭シ~#レ~(間違ってないことを祈る)



ここからの絶妙なアルペジオのスピード・強弱にコントロールに心うたれた…

正直ここの一節だけで満足、感動して泣きそうになった…



サビに入ると音質の悪さが目立つがスピードと爆音で片づけることなく、
あくまでも絶妙なリズムにより至極丁寧に音楽創りをしているのがわかる!
お家芸の跳躍部分も得意気な様子をひけらかすことなしに、
一音一音の和音の響きを丁寧に活かしている…

いわゆるスピード勝負の場合の跳躍の難所の後の部分…
ちょっと間を長めに取って音量を落として両手半音階を弾き始めている…
ここがまた絶妙!
ここでさらに曲本来のもつ雰囲気?に引き込まれていく…


なぜ気づかなかった、4ヶ月…
シフラは越えられるようなものではなかったのだ…


ということで学祭の反省が一気に洗われた…
やっぱり曲を弾いた後で初めてわかるような良さというものもあるのだろう…
一通り弾けるようになってあらためて他の演奏を聴いたとき、
このように新しい発見、感動が生まれてくる…
今まで弾いた超絶を、お気に入りの演奏以外でも一通り聴き直す必要があるな…


シフラは俗受けととられる派手なシフラ節ばかりが評価されているが、
そうではなく彼独自の音楽の構成力や表現力もシフラの隠れた魅力なのだ…
今回の夕べの調べでこれらをより強く認識することができた…
さすがシフラ…
やっぱりこの一曲をとっても一味二味も違う…

シフラの偉大さをあらためて感じた瞬間であった…

拍手[0回]

PR



▼Comment
   NAME:  TITLE:  COLOR:
   PASS:   URL:  EMAIL:
 COMMENT!: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
     
△▲最上部へ戻る▲△ △▲プラグインへ▲△