忍者ブログ
シフラ,超絶技巧練習曲,ピアノ,ロマン派のエチュード,かっこいい曲,PC便利系,音楽系,動画系,youtube,blog系など
Blog Infomation





Today / Yesterday
/



 フィードメーター - The J.Mazeppa


 
Monthly
Recent Comment
Infomation
Circle Chat
Access Rank
KeyWord Rank
Weather & \\ vs $

-天気予報コム-

購入時2005/11は106.1
2017/07/22 (Sat) 19:52 / /
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2007/03/12 (Mon) 15:47 / /
卒論を提出しました…
以下に改変した抜粋を記します…
(読みやすくするため適当に改行を入れた)

拍手[0回]


Title:Performance piece at Spring Concert

第1章 緒論
1-1 本研究の背景と目的
 昨年の演奏会において,筆者は超絶しか弾いていない.
そのため,今年は弾きたい曲が妙に多いと推測される.


しかし,弾けなければ意味がない.
しかし,かっこよくなければ意味がない.
 以上のような背景から,
本研究では様々な視点から春コンで弾く曲を検討する.

1-2 春コンの概要
 春コンとは,ピアノサークルにおける4大演奏会の1つであり,
新入生を歓迎する目的で行われる演奏会である.
例年,4月第3週の土曜日に催されるこの演奏会では,
約20名のエントリーがあり,様々な作曲家の曲が演奏される.
 Table 1-1に過去の春コンの概要[1]を以下に示す.

Table 1-1 Old Spring concert
Year Number of entries Number of session Feathers
2003 20 3 強烈なショパンの部が存在
特にさんのバラ3最高
2004 20 3 現代及びマイナー作曲家の登場
1人で4曲35分弾いた奴がいる
2005 23 3 筆者が小犬を轢いた
バラ1の譜めくりをした
マリオ登場
2006 Unknown 3 筆者が超絶1,2番で撃沈
超絶が3曲弾かれる
マリオバージョンアップで登場


1-3 本研究の構成

第1章は緒論である.

第2章は本論である.

第3章は結論である.


第2章 本論
2-1 弾きたい度の理論
弾きたい度[%]を式(2-1)のように定義した.

弾きたい度=10*うつくしさ + 9*超絶技巧度 - 8*難易度 + 5*シフラ度 - 10*過去の演奏回数
(2-1)


ここで,
 うつくしさ:きれいな曲だと高い
 超絶技巧度:見せ場があるかと同義
 難易度  :ここでは難しいほど数字が大きい
 シフラ度 :シフラの演奏度(≠演奏回数)
 過去の演奏回数:筆者が入ってからサークルで演奏された回数
であり,それぞれ10段階評価とした.

2-2 選曲対象の曲

 Table 2-1に選曲候補とその理由を示す.

Table 2-1 Piece and Reason
Piece Japanese Composer Reason
Impronmpru No.3 即興曲第3番 Chopin [2]
Sonata No.2 3rd mov. 葬送行進曲 [3]
Sonata No.2 finale 意味不明な曲 [4]
Sonata No.3 finale ソナタ3の4 [5]
Etude No.4 10の4 [6]
La campanella ラ・カンパネラ Liszt [7]
Erlkonig 魔王 I performed
Transcendental etude No.10 超絶10番 [8]
Chasse-neige 雪嵐 [9]
Etude Op.8-12 悲愴 [10]


2-3 いざ,選曲

 Table 2-2にTable 2-1に示した曲の具体的なパラメータを示す.

Table 2-2 Parameter of Piece
Piece Japanese うつくしさ 超絶技巧度 難易度 シフラ度 過去の演奏回数
Impronmpru No.3 即興曲第3番 8 2 5 8 0
Sonata No.2 3rd mov. 葬送行進曲 3 3 2 8 1
Sonata No.2 finale 意味不明な曲 0 7 7 8 0
Sonata No.3 finale ソナタ3の4 6 9 10 4 2
Etude No.4 10の4 1 7 6 6 3
La campanella ラ・カンパネラ 2 7 8 8 6
Erlkonig 魔王 4 8 6 0 1
Transcendental etude No.10 超絶10番 5 6 6 10 1
Chasse-neige 雪嵐 4 7 5 8 2
Etude Op.8-12 悲愴 2 9 10 0 1


Fig.2-1,Fig.2-2にTable 2-2を式(2-1)に適用した結果を示す.


Fig.2-1 弾きたい度


Fig.2-2 もっと弾きたい度



よって,超絶10番が弾きたい(らしい).
これを春コンで弾く.

2-4 結言

 本章では,理論式に基づき春コンで弾く曲を決定した.
その結果から,「超絶10番」を弾くということが明らかとなった.

第3章 結論

 本研究では,理論式に基づき春コンで弾く曲を決定した.
その結果から,「超絶10番」を弾くということが明らかとなった.

 本当に弾くことを期待する.


といいたいところだが,
3volが弾くので却下(笑)

係数とパラメータの割り振りを間違ったかも…
PR



これは面白い(笑)

じゃあやりますか!?ダブル10・・・
3vol 2007/03/14(Wed)11:27 #EDIT
無題
超絶10の連弾編曲!?



おれはあんまり練習しなくて済みそうだ
(というか邪魔?)
J.M 2007/03/15(Thu)01:29 #EDIT
▼Comment
   NAME:  TITLE:  COLOR:
   PASS:   URL:  EMAIL:
 COMMENT!: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
     
△▲最上部へ戻る▲△ △▲プラグインへ▲△